為替

2012年07月04日

スワップポイントの損失


スワップポイントとは、日本と諸外国との金利差により生まれます。

日本は、超低金利である年0.1%のため
日本円を売却し、外国の通貨を購入することで

金利差がプラスとなり利益が発生します。


しかし、売り建てや日本の金利上昇によって金利差が逆転した場合
利益から損失へと変わります。



例えば、オーストラリアドル/円が現在 90円/ドルの価格をつけている。
年利が今まで4%だったが、来年より3.5%へ縮小すると発表があった。

この場合、全体の流れは[買い ⇒ 売り]へ転換し一気に為替レートが
下がる恐れがある。

そこで買い建て ⇒ 売り建てへ変更し、下落する価格を
利益にしようと計画する。


スワップポイントは、

【計算式】
日本円 年利0.1% [売り]
オーストラリアドル/円 年利4% [買い]

4% - 0.1% = 3.9% 

※年利 3.9%の利益が、日割りで発生する。



【計算式】
オーストラリアドル/円 年利4% [売り]
日本円 年利0.1% [買い]

0.1% - 4% = -3.9% 

※年利 3.9%の損失が、日割りで発生する。




又、日本の金利政策により現在の年利 [0.1%⇒ 10%]となった場合
諸外国通貨を買い建てのままだと損失となります。

【計算式】
日本円 年利 10% [売り]
オーストラリアドル 年利 4% [買い]

4% - 10% = -6%

※年利 6%の損失が、日割りで発生する。


【今日の一冊】



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


FXトレード日記 ブログランキングへ
.


posted by 30nomoney at 05:03| FXとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。